JARCについて about us

当協会の目指すこと

宿泊施設の海外進出Expanding accommodation bussiness oversea

海外で働く134万人の日本人に心の安らぎを与える場所を提供するために、日本の宿泊施設が海外進出することにより、日本の文化の発信はもとより海外に劣らない経営・運営手法や生産性向上のための方法を模索していきます。
またその土地に住む外国人の人々に、その土地にある日本の宿泊施設を通して日本を体験してもらい、日本に訪れてもらえることを宿泊施設とともに目指していきます。

宿泊業の地位向上Improving status of accommodation business

宿泊業に携わる人々の意識を高めていくとともに、宿泊業に必要なスキルが向上できるよう、ともに学び、宿泊業がプライドの持てる職業になれるよう、支援していきます。

ラストリゾートLast resort

国内外の日本の宿泊施設が、有事の際にその土地の人々の避難場所や緊急病院となり、人々の安全が確保される場所に宿泊施設がなれるようともに歩んでいきます。

画像提供:株式会社スカイピーク

設立の背景

政府は観光産業を日本の成長戦略の一つの柱とすべく「観光立国」を目指しています。国内の需要はもとより、2020年に訪日外国人客数4000万人、訪日外国人消費額8兆円という目標を掲げて施策を打ち出し、日本を訪れる外国人は順調に増え続けています。

こうした追い風がある一方、宿泊業界を取り巻く経営環境においては、宿泊施設そのものや人材の不足をはじめ、教育や労働環境、通信インフラ、多言語化、キャッシュレス環境の整備などさまざまな課題に直面しているのも事実です。

これらを乗り越えるためにも業界関係者同士でフラットに情報交換し、一丸となって課題に取り組んでいく必要があるため、当協会はそのプラットフォーム(交流の場)として設立されました。

日本の宿泊事業が世界に誇れる品質とサービスを兼ね備えた魅力ある産業となるようサポートし、地方創生の礎ともなるよう振興に努め、また、宿泊施設を「地域文化交流」の拠点として日本文化を世界に向けて発信し、日本の国際競争力向上に寄与できるよう宿泊業界の発展を目指してまいります。

代表挨拶

代表理事 会長 林悦男
(株式会社タップ 代表取締役会長兼社長)

宿泊事業を「総合文化事業」として捉え、さらなる発展を目指していく

日本が観光立国となるには、宿泊事業およびそれを支える関連企業が時代の変化にしなやかに対応し、訪日外国人のお客さまにとっても訪れたくなる日本にならなくてはなりません。

当協会へご賛同いただける皆さまとともに、日本人のみならず訪日外国人旅行者も安心・快適に旅先へ滞在できるよう、宿泊施設のストレスフリーな滞在環境の整備を考え、すべての旅行者の満足度を高めていくことで、宿泊事業発展の一助となることを目指してまいります。

そしてこの実現には、宿泊事業を「総合文化事業」として捉え、さらなる発展を目指していく必要があります。

この想いのもとに2017年11月、宿泊施設に寄り添う幅広い業界や業種の関係者の皆さまが垣根を越えて集うプラットフォームとして当協会を設立いたしました。当協会へのご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

入会について