活動報告

【活動報告:第56回JARCゼミナールを開催いたしました。】

「学びの時間・交流の場」であるJARCゼミナールを開催しました。

株式会社タップ ホスピタリティサービス工学研究所 東京研究室 チーフ 古謝侑希氏を講師にお迎えして「宿泊施設に活用できる世界のロボティクス現状」というテーマで開催いたしました。

今回は会場に2名のお客様がご来館し、開講前と閉講後宿泊施設を取り巻く環境について情報交換をいたしました。コロナ後ゼミナールでお客様をお迎えしたのは初めてとなります。アフターコロナに向けた光を見たような気がいたします ☆彡

次回は2022年6月16日(木)18:00 ~19:30  ヴィーガンフードアナリスト 岩田絵弥曄氏を講師にお迎えして「アフターコロナに向け今だから取り組みたい、ベジ・ヴィーガン最前線 ~少し先の未来を考えた食のあり方に触れる時間です~」というテーマで開催いたします。

詳細お申し込みはhttp://jarc-ic.com/entry/entry_seminor/まで♪

皆様のご参加をお待ちしております♪♪

この情報へのアクセスは会員に限定されています。会員の方はログインしてください。