会員からのお知らせ

おしぼりの衛生技術から生まれた『VB(ブイビー)』を 抗ウイルス・抗菌のスタンダードに ~品質保証体制強化のための、新たな検査制度を構築~

2012年に手指衛生の概念から生まれた『VB』は、抗ウイルス・抗菌を安全に叶える技術として、おしぼりを中心とした企業の商品やサービスに導入されてまいりました。その後おしぼりの衛生用溶剤としてだけでなく、食器用洗剤から愛護犬用タオルに至るまで、幅広く利用されるに従い、より一層の安全性と品質への責任が求められるようになりました。そこでFSXでは、安心・安全な「抗ウイルス・抗菌」技術を、必要とされるすべての人・モノ・コトへ提供するブランドを目指して、2017年より『VB』の刷新プロジェクトに着手し、このたび4月1日より正式運用を開始いたします。

今後も「技術」、「品質保証」および「ブランド」を柱に、おしぼり本来の価値をさらに高め、おしぼり業界にとどまらず他業種へも応用展開していくことで、業種を超えた衛生市場のデファクト・スタンダードを目指してまいります。(詳しい『VB』の特徴については、参考資料をご参照ください。)

技術の強化             配合される副成分を、従来と比べて国際的な安全性基準に見合うものに変更しました。合わせて抗菌性能の向上を図りました。

品質保証制度          従来のメーカー出荷品質をさらに一歩進め、市場品質での安定を目指し、「適応効果検査」を導入します。『VB』使用事業者に義務づける「VBベーシック検査」と、任意の「VBアドバンスト検査」を設け、品質保証体制の強化を図ります。
・製造環境及び、製造された検体がVBを正しく含むかを検査(VBベーシック検査)
・抗ウイルス・抗菌が検体に正しく働いているかを検査(VBアドバンスト検査)
検査項目はインフルエンザウイルス(RNA)とヘルペスウイルス(DNA)の検出の有無、 及び一般細菌の生菌数とカビ増殖の有無

ブランド力の強化   より広く、安定した社会認知を目指して、ロゴをシンプルなものに先行して変更。Web( http://www.virusblock.jp/ )媒体や、一般消費者向け冊子等の情報発信ツールが整い、今後は動画なども含めた幅広いプロモーション活動を展開します。

参考資料
<VBについて>( http://www.virusblock.jp/
『VB(ブイビー) 』は、東京工業大学と慶應義塾大学発の合同ベンチャーとFSXの共同研究によって生まれた、抗ウイルス・抗菌を安全に叶える特許技術です(特許第5314219号「水溶液」)。おしぼりにVB水溶液をしみこませることで、おしぼり上にあるウイルスや菌の働きを99.99%以上も抑制※1します。ブロックと不活性化の2つの防御機能で、様々な病気の原因となるウイルスや菌が体内に入ってくるのを防ぎながら、生物環境とも共生します。経口毒性や皮膚への刺激性等もないので、肌の弱いお年寄りやお子様にも安心してお使いいただけます。
※1インフルエンザウイルスやセレウス菌などを試験した結果であり、すべてのウイルスや菌に対して効果を保障するものではありません。

【VBが働く仕組み】

ウイルス感染は感染先の細胞への①吸着、②侵入、③脱殻、④転写・複製、⑤出芽、細胞外へ放出し、他の細胞へ再感染というライフサイクルで構成されています。

VBの主成分となる3種のポリ酸化合物は、細胞表面にある受容体(レセプター)やウイルスに直接結合し、①の吸着する過程を阻害する働き(ブロック)があります。これにより吸着する機能を失ったウイルスは、感染先の細胞への侵入ができなくなります。

さらには空気中をさまよっているウイルスとも結合性が高く、結合されたウイルスが細胞表面に吸着しようとする際にVBが邪魔となり吸着が出来なくなります(不活性化)。

ウイルスや菌そのものを取り除こうとすると、より強力な耐性ウイルスや耐性菌を生み出してしまう薬剤耐性の問題があるなかで、2つの防御機能でウイルスや菌の働きを抑制するのが、VBの大きな特徴です。

 

 

 

この情報へのアクセスは会員に限定されています。会員の方はログインしてください。